必要アイテムや注意点

家族旅行に行く際には、愛犬は親戚やペットホテルに預けて出かけるという人も多いかもしれません。
確かに観光名所など人の多い場所だと、愛犬を連れて家族旅行に出かける事は難しいでしょう。

しかしながら、自然豊かなキャンプであれば愛犬も一緒に出掛けても楽しむ事が出来るので、お勧めです。
では愛犬とキャンプに行く魅力や注意点を紹介していきます。

楽しさ2倍!愛犬と行くキャンプの魅力

愛犬と行くキャンプの魅力は、愛犬も一緒に楽しめるという事です。
旅行に行く場合に、愛犬と離れ離れになるのは寂しいという飼い主も多いでしょう。
ですが自然豊かなキャンプ場であれば、犬も自然の中で楽しむ事が出来ますし、愛犬が楽しそうにしている姿を見ると飼い主も楽しいですよね。

なかなか日常生活の中では、愛犬とずっと一緒に過ごせる訳ではありません。
でも愛犬とキャンプをしている間は、いつもよりも一緒にいる時間を確保する事が出来るので、最近コミュニケーション不足だと感じている飼い主は、ぜひ愛犬とキャンプに行ってみて下さい。

愛犬とのキャンプを楽しみたいと思ったら、アウトドアで愛犬と一緒に楽しめるアクティビティーを取り入れて下さい。
例えばトレッキングやカヌー、スノーシューなどのアクティビティーなら、犬と一緒に行う事が可能です。

またキャンプでは、設営や調理などやる事がたくさんあって、常に愛犬に構っている事は出来ないかもしれません。
ですが手が離せない時に、愛犬は邪魔にならないようにと、車内に閉じ込めてしまう行為はNGです。
せっかく一緒にキャンプに来ているのに、車内で長時間過ごすのでは普段よりも窮屈な思いをさせてしまい愛犬が可愛そうです。

設営や調理の時間も、子供や手が空いた大人が愛犬の相手を出来るように、余裕のあるスケジュールを組む事をお勧めします。

愛犬同伴でキャンプをする際のマナーや注意点

愛犬と一緒にキャンプに行く場合、キチンとマナーを守らないと他の人に迷惑をかけてしまう可能性があるので注意が必要です。
キャンプ場は、あなた達家族だけが使用している訳ではありません。
他にもキャンプを楽しんでいる人がいます。

夜中にテントの中で犬が吠えてうるさくて眠れなかった。
普段とは違う環境に興奮して走り回って、周囲の人に迷惑をかけないように、愛犬から目を離さないようにして下さい。
犬がトイレをする場所も、野外だからどこでもOKな訳ではなく、排泄物は持ち帰るのがマナーとなっています。

場所によっては愛犬にリードをつける必要があるので、リードも必ず用意しておきましょう。
あと注意点としては、愛犬の健康状態に気を遣って下さい。
犬は人と違い、アウトドアだからといって、装備をする事が出来ませんよね。
そのため怪我をしてしまったり、マダニや寄生虫に刺されてしまう可能性もあります。

また夏の暑い時期にキャンプをすると熱中症になってしまったり、食べてはいけないモノを誤飲してしまう可能性もあります。
愛犬に異変を感じたらすぐに動物病院に連れていけるように、キャンプ場の近くの動物病院の場所を事前に確認して下さい。

わんこもOKなキャンプ場をご紹介

アウトドアな空間だから、キャンプ場は全て愛犬を連れていっても大丈夫という訳ではありません。
キャンプ場によっては、ペットNGになっているキャンプ場も少なくありません。
だからこそ、愛犬と一緒にキャンプを楽しみたい場合は、キャンプ場選びが重要なポイントとなってきます。

あまりに自宅から離れた場所だと、キャンプ場に着く前の移動時間で愛犬が疲れてしまう可能性があります。
なので自宅から極力近く、ペット同伴OKとなっているキャンプ場を探して下さい。

例えば大阪でペット同伴OKなキャンプ場をいくつか紹介すると「長野公園天野山キャンプ場」は、リード装着していればペットOKとなっています。
「光滝寺キャンプ場」は、予約の時点でペット同伴である事を事前に伝えていれば、ペットOKのキャンプ場です。

「自然の森ファミリーオートキャンプ場」は、ペット同伴は一応OKとなっていますが、大型犬は禁止されています。
このようにペット同伴OKのキャンプ場でも、それぞれ条件が異なっているので、予約の段階で条件を確認しておく事をお勧めします。

愛犬とのキャンプで役に立つアイテム

では次は愛犬と同伴でキャンプをする場合に、持っていくと役立つアイテムをいくつか紹介していきます。

ドッグピット

ドッグピットとは、簡単にドッグランを作る事が出来る柵の事です。
キャンプ中に愛犬からずっと目を離さない事は、難しいですよね。
ですがドッグピットがあれば、愛犬もリードなしで自由に過ごす事が出来、危険な場所に行く心配もありません。
愛犬にとっても、飼い主にとってもリスクが軽減して、キャンプを楽しむ事が出来るアイテムだと言えます。

ハンガーライン

ハンガーラインは、ドッグピットを作るスペースがない場合に活用出来るアイテムです。
木と木の間にベルトをつないで、そのベルトにリードをつなぎます。
そうする事で、愛犬はその範囲を自由に移動する事が出来るので、自由度が高い環境を作る事が出来ます。

防寒対策アイテム

防寒対策アイテム
夏でも山のキャンプ場だと、夜や明け方はかなり気温が下がってしまいます。
人の防寒対策はしていても、愛犬の防寒対策をしていない飼い主もいるかもしれません。

ですが人が寒ければ当然犬だって寒いと感じているはずです。
なので防寒対策アイテムとして、犬用の服やカイロを持っていくと、気温が下がっても安心です。

愛犬とキャンプ まとめ

犬は元々野生動物なので、自然が大好きです。
普段は散歩はするものの、コンクリートの上を歩いているという犬も多いかもしれません。
だからこそ、たまには自然の中で元気に遊ばせてあげたいと思いますよね。

最近はペット同伴OKのキャンプ場も増えてきているので、愛犬と一緒にキャンプに出掛けてみませんか?
犬が喜んでくれると、飼い主のテンションもあがり、普段よりもキャンプを楽しむ事が出来るでしょう。

ただし反面愛犬と一緒だからこそ、普段より大変な事があったり、注意をしないといけない事もあります。
自分たちが楽しめても、周囲の人に迷惑をかけてはいけません。
なので、キチンとマナーを守った上で、愛犬とのキャンプを楽しむようにして下さい。

関連記事です☆