愛犬に靴を履かせるメリット

犬でも災害時やアスファルトの熱さ対策や雪の寒さ対策など、外部環境によって靴は必要となります。また足の怪我や病気が原因で靴を履かせる必要になる事もあるので、必要性がある時は犬にも靴を履かせて足を守るようにして下さい。靴のサイズや靴を履かせる方法なども一緒に紹介していきます。

犬に靴を履かせると聞くと、過保護すぎるとか、服までは分かるけどファッションアイテムとして靴は行き過ぎ、そんな意見を持つ人もいるでしょう。

ですが、犬の足の状態によっては、靴を履かせる必要性がある場合もあります。
ではどのような時に犬に靴が必要になるのか紹介していきます。

愛犬に靴が必要な時ってどんなとき?

まず犬の靴と一言でいっても、その用途は多岐に渡ります。
なので最初に犬の靴の種類について紹介していきます。

【 滑り止め用の靴 】

まず室内で犬を飼う時は、床がフローリングだと滑りやすいので滑り止め用の靴が存在します。
特にシニア犬になると、肉球が乾燥し滑りやすくなり、骨も脆くなっているので、怪我をするリスクが高まります。
そのためシニア犬には介護目的で靴を履かせた方がいいでしょう。

【 運動用の靴 】

また運動用の靴も存在しています。
散歩コースによっては、足元の状態が悪く、足に負担がかかるケースがあります。
その場合は、運動用の靴を履かせて犬の足を守りましょう。

【 季節に応じた散歩用の靴 】

夏や冬の散歩用の靴夏になると、アスファルトの温度は急上昇しヤケドするほど熱くなります。
そして雪が降る地域であれば、冬はしもやけになるほど、冷たくなります。
そのため犬の足もむき出しの状態では、足が損傷してしまうため熱さや寒さから守るために靴は必要となります。

【 災害用の靴 】

あと最近は、本当に災害が増えていますよね。
実は犬用の靴にも災害用の靴が存在しています。
災害時には、ガラスや材木の破片など何が地面に落ちているのか分かりません。
愛犬の身を守るためにも、災害時の備えは重要だと言えるでしょう。

犬用の靴は「肉球の怪我」や「病気」のときに役に立つ

犬用の靴の種類について先ほど紹介しましたが、それ以外の状況でも、犬が足を怪我してしまった時や病気で免疫力が低下している時などは、足から感染症がうつらないように、靴を履かせるべきだと言えます。

足を怪我していても、犬が散歩に行きたがりますし、病気の時でも適度な運動は必要です。そのため靴で足を保護した状態で、散歩に行かせるようにして下さい。

ただし注意点として、犬は普段は靴を履かないので、靴を履く事に慣れていません。
そのため靴を履く事がストレスに感じ、履かせても脱いでしまう事があります。

それに靴を長時間履かせていると、靴の中が群れて雑菌が繁殖したり、炎症の原因となります。
ストレスや雑菌が原因で、足の症状が悪化したら靴を履かせる意味がありません。
そのため、靴を脱いだ後の足のケアもしっかりと行う必要があります。

HAVEGET ドッグブーツ 犬用靴 愛犬のお散歩 滑り止め 雨の日 柔らか 軽い 中型、大型犬にもフィット 7サイズ選べる ドッグシューズ 犬靴(L)

新品価格
¥1,750から
(2018/10/9 11:22時点)

愛犬の靴の選び方ポイント

犬の靴を選ぶ際に難しいのが、サイズ選びです。
自分の愛犬の靴のサイズを把握している飼い主の方が少ないと言えるでしょう。

犬の靴のサイズは、サイズの測り方を紹介しているサイトがあるので参考にして下さい。
一応目安は、爪の先からかかとまでの長さを定規ではかり、横幅は1番太いところをはかります。
あと足首の太さもはかっておきましょう。

ただ初めて犬の靴を購入する場合は、ペットショップで犬の足のサイズに合うものを選んでもらう事をオススメします。
ネットショップでも犬の靴は購入する事が出来ますが、履き心地を確認出来ないため、慣れないうちは直接ペットショップに買いにいきましょう。足の怪我や病気の時は、動物病院でオススメの靴を教えてもらって下さい。

そして靴を履かせる用途に合わせて、靴の種類を選んで下さい。
靴のサイズが合わないと、歩きにくく靴ずれしてしまうので、キチンとサイズに合うものを選んで下さい。

靴を履くことに慣れてもらうコツ

犬は靴を履く事に慣れていないため、最初は履かせると違和感を感じ嫌がるかもしれません。
嫌がる犬に無理やり履かせるのではなく、徐々に慣れてもらいましょう。
例えば靴に意識がいかないように、靴を履かせた後に一緒に遊ぶお菓子を与えるなど、楽しい時間を過ごさせます。

そうすると徐々に、靴に履く行為にも慣れて嫌がらなくなってきます。
後は犬の性格や飼い主との信頼関係によって、慣らしていく方法も様々なので、あまりマニュアルに頼り過ぎずに、自分達に合う方法を見つけてみて下さい。

犬用靴 まとめ

犬用の靴は、足を怪我した時や病気になった時、外部環境に問題があり、犬が素足で歩くのが危険な時などに、上手に活用していきましょう。

靴が足を保護して守ってくれます。
ただし犬は靴を履く習慣がないため、最初は嫌がる事もあるかもしれません。
また犬のサイズに合わない靴を履かせてしまうと、靴擦れなどの原因にもなってしまいます。

なので犬の足のサイズと目的に合った靴を選び、無理強いせずに徐々に慣らしていって下さい。

関連記事です☆