doggutere-na

ペットを飼っている人ならば、しつけの仕方で一度くらいは悩んだことがあると思います。とくに犬の問題行動はトラブルのもとにもなりやすいため、しつけはことさら重要なのですが、誰もが簡単にしつけられるものでもありません。
こうした飼い主さんたちの手助けとなる犬のしつけのプロがドッグトレーナーです。ここでは、ドッグトレーナーについて紹介します。

ドッグトレーナーの役割とは

犬の問題行動の原因は人間が犬のことを理解できていないためであることも多いと言われています。犬は喋ることが出来ませんが、小さなサインを送ることで人間に自分の気持ちを示しています。その気持ちを汲み取ったしつけの仕方を飼い主に教え、犬とうまくコミュニケーションを取りながら人間社会のことを教えるのがドッグトレーナーの役目です。

つまり、ドッグトレーナーの主な仕事は犬の訓練と飼い主へのアドバイスです。そのため、犬だけではなく人とのコミュニケーション力も求められますが、犬とも人とも関わるのが好きという人にはもってこいの仕事でしょう。

主な就職先は、ドッグトレーニングを行っている一般企業の他、ペットショップやアニマルセラピーの団体、ペットホテルなどがあります。
とくに犬のしつけ問題は注目されているため、ますます求められる職業になりそうです。
また、自分の犬の問題行動を解決するためにドッグトレーナーの勉強を始める人もいるそうですよ。

ドッグトレーナーへの道のり

ドッグトレーナーは国家資格ではなく、民間資格です。さまざまな団体の認定によって取得できます。
よく知られた警察犬訓練士のような一般人にはすこし遠い世界にも思える資格もあれば、民間企業による家庭犬訓練士やドッグトレーナーライセンスといった一般人にも目指しやすい資格までさまざまです。

また、無資格であってもドッグトレーナーの見習いになることは出来ます。しかし、無資格のまま見習いとして受け入れてくれる先を見つけるのは大変だと思いますので、やはり資格は取っておいた方がいいでしょう。

資格を取得するには専門学校に通う方法と通信教育で学ぶ方法があります。ドッグトレーナーを目指すうえで経験をしっかりとつみたいのでしたら、通信教育であっても実技のカリキュラムも含むものがオススメです。

犬が好きな人には特にオススメです

犬に関する知識が増え、犬と心を通わせることが出来るので、やりがいもある仕事だと思います。そして、飼い主とも話すことが多いので、人とのコミュニケーション能力も高くなっていくはずです。犬が大好きな人は、ぜひ、犬と人の共存を目指すドッグトレーナーを目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事です☆