食糞予防に効果

パイナップルは犬に与えても大丈夫な食材ですが、パイナップルを与える事で、メリットとデメリットがあります。
そのためデメリットが気になるという飼い主は与えない方がいいですし、与える場合も少量のみ与えるようにして下さい。

人が食べるモノを犬に与えても大丈夫なケースと、犬には害になってしまうケースがあります。
そのため犬に人の食べ物を与える時には、きちんと調べてから与える必要があります。
では、パイナップルは犬に与えても大丈夫な食べ物なのでしょうか?

犬にパイナップルを与えても大丈夫?

フルーツは、水分補給が出来る上に、ビタミンが豊富で人にとっては、積極的に摂取したい食べ物です。
では、犬にパイナップルを与えても大丈夫なのでしょうか?

犬にパイナップルを与える場合は、色々と注意が必要です。
そのため注意を守った上でなら、与えても一応大丈夫だと言えます。

ただし、人がパイナップルを摂取して得られる効果が犬にも同じように得られる訳ではありません。
そして犬は、パイナップルのような食物繊維が豊富な食べ物は、消化しづらいため、絶対に与える場合は、少量づつ与えるようにして下さい。
パイナップルを犬に与えるメリットとデメリットをよく理解した上で、与える価値があると判断した場合にのみ与えるようにして下さい。

パイナップルの栄養素と効能

パイナップルは、フルーツの中でも栄養満点の食べ物です。
食物繊維が豊富に含まれ、

  • ビタミンB1、B2
  • ビタミンC
  • カロテン
  • カリウム
  • ブロメリン
  • 葉酸

などの栄養素が含まれています。

ビタミンCは、犬の老化防止に効果があります。
そのため高齢の犬や病気の犬には、ビタミンCをたくさん摂取させるようにしましょう。
ただし犬は、人と異なり体内でビタミンCを生成する事が出来るので、高齢の犬や病気の犬以外は、意識して摂取させる必要はないと言えます。

ブロメリンは、あまり聞き覚えがない栄養素かもしれませんが、タンパク質を分解する酵素なので、胃腸を整える働きがあります。
特に肉と一緒に摂取すると、ブロメリンがタンパク質の消化を助けてくれるのでオススメです。

また肉もパイナップルと一緒に漬けこむと、酵素の力で肉が柔らかくなります。
顎の筋力が低下して噛む力が衰えた犬には、肉とパイナップルの手作りメニューは、ビタミンCも摂取出来るので、いい組み合わせだと言えます。

ディンゴ (Dingo) パイナップルチキンジャーキー 100g

新品価格
¥305から
(2018/10/9 12:08時点)

パイナップルは食糞対策に効果的ってほんと?

パイナップルは、食物繊維が豊富に含まれているので、便秘気味の犬に少量与える事で、便秘が解消される可能性はあります。
しかし、犬は繊維質を消化する事が出来ないので、大量に摂取すると、お腹を壊して下痢になってしまいます。
せっかく便秘が解消されても、下痢になってしまったら意味がありませんよね。

そのため様子を見ながら、少量づつ与えてみて下さい。
目安としては、15~20g程度であれば、健康を損なう心配はありません。

愛犬にパイナップルを与える際に注意したいこと

犬にとって、甘みと酸味のあるパイナップルは、美味しく感じる食材です。
そのためパイナップルを与えると、もっと欲しいと催促されるかもしれません。
ですが催促された場合でも、絶対にパイナップルは少量しか与えてはいけません。

先ほども紹介しましたが、食物繊維が豊富なパイナップルを犬は上手に消化する事が出来ません。
なので大量に与えてしまうと、お腹を壊してしまう可能性があります。
しかもパイナップルは、フルーツなので果糖も多く含まれます。

果糖は、糖の中でもカロリーが非常に高く、運動量の多い犬であっても、カロリー過多になってしまいます。
果糖を多く摂取してしまうと、太り過ぎてしまったり、将来的には糖尿病の原因になるなど、健康を損なうリスクがあるので、与えすぎには注意して下さい。
特にパイナップルでも缶詰やドライフルーツだと果糖が多く、与えるなら生のパイナップルを選んで下さい。

あと、パイナップルでアレルギーが発症する犬も存在しています。
そのため、パイナップルを初めて与える時には下痢の心配以外にも、皮膚に発疹が出来ていないか注意深く確認して下さい。

犬とパイナップル まとめ

犬にパイナップルを与えてはいけないという事はありません。
少量であれば、パイナップルに豊富に含まれる食物繊維が消化を助けてくれたり、ビタミンCが老化の予防に効果的です。

しかしパイナップルを与えすぎると、下痢の原因となったり、パイナップルに含まれる果糖でカロリー過多になってしまいます。
それにアレルギーの原因になる可能性もあるので、愛犬にパイナップルを与えても大丈夫かどうか、様子を見ながら与えて下さい。
パイナップルの味自体は、犬の好きな甘みと酸味が兼ね備えているので、おやつに少量与える事をオススメします。

ただしおやつに与える時も、毎日同じおやつにするよりも、他の果物とローテーションで与える方がバランスがよくなります。

関連記事です☆