犬の目やには病気のサイン

犬にとって目やにとは、正常な目やにで問題がないケースと、異常な目やにで目の病気のサインになるケースがあります。
そのため日頃から愛犬の様子をよく見て、異常を見逃さないようにして下さい。そして少しでも異変を感じたらすぐに動物病院へ連れていきましょう。

犬は飼い主に言葉で体調不良を伝える事が出来ません。
だからこそ飼い主は、犬が出す体調不良のサインを見逃してはいけません。
では犬が出す体調不良のサインの1つ、犬の目やにについて紹介していきます。

\\ 愛犬の目の健康を守る //

犬の「正常な目やに」「異常な目やに」の見分け方

まず犬に目やにがあるからと言って、即体調不良のサインという訳ではありません。
私達人間も健康な時でも、朝起きた時に目やにがついている事はありますよね。
それと同じで犬にも、正常な目やにと異常な目やにが存在しています。

この正常な目やにと異常な目やにをしっかりと見分けて、異常な目やにの時には病気の可能性があるため動物病院へ連れていきましょう。
見分け方のポイントは、目やにの色に注目して下さい。

目やにの色が「黒や茶色」の場合は、正常な目やになので病院に連れて行く必要はありません。

ただし正常な目やにであってもそのまま放置すると、涙やけの原因になったりニオイが発生する可能性があるので、こまめに拭き取る事をオススメします。

もし犬の目やにの黒や茶色以外の場合は、要注意です。
「白い目やにで粘り気があり、量が多い」場合は目の病気の初期症状の可能性があります。
そして黄色や緑色の目やにの場合は、目に菌が繁殖し膿になっている可能性があります。

結膜炎や緑内障などの目の病気が進行している可能性があるので、すぐに動物病院へ連れて行って下さい。
また目やにの色が黒や茶色で問題がないと思っていても、目やにの量が増えたり目が充血している場合は、角膜が傷ついている可能性があるので、動物病院へ連れて行く必要があります。

異常な目やにの原因はなに?

正常な目やにではなく、異常な目やにの場合は目の病気のサインの可能性があります。
ではどのような目の病気の可能性があるのか、犬の目の病気について紹介します。

【 結膜炎 】

結膜炎は、細菌やウィルスに感染したり、アレルギー症状の一環で現れます。
目やにの色が黄色や緑になるのに加えて、結膜が赤く腫れて涙が増える症状が出たら要注意です。

【 角膜炎 】

角膜炎は、角膜が傷ついて炎症が起こっている状態です。
目に異物が入ったり、目の表面を擦ったりして角膜が傷ついた可能性があります。
角膜炎になると、強い痛みが生じるので、目やに以外にも瞬きの回数や涙の量も増えてきます。
角膜炎を放置すると、角膜に穴があき失明するリスクがあるので、なるべく早く動物病院へ連れて行くようにして下さい。

【 ドライアイ 】

ドライアイは、言葉通り目が乾いてしまう症状です。
涙線に異常があり、涙の量が不足し、ドライアイが原因で角膜炎や結膜炎になる可能性があります。
目の病気としては、他にも「まつ毛の異常」「麦粒腫」「眼瞼内反症・外反症」などがあります。

犬の目やにと病気の関係性

犬の目やには、直接目の病気のサインの可能性もありますが、目の病気以外の病気のサインの可能性もあります。
なぜかというと他の病気が原因で、犬の体力や免疫力が低下した結果、目の病気が併発した可能性もあるからです。
そのため、目の病気の検査以外にも全身の健康状態に問題がないか動物病院で検査してもらうと安心だと言えます。

目やにがでやすい犬種といえば

  • シーズー
  • パグ
  • フレンチブルドッグ

などの犬種は鼻が短く目が大きい犬種なので、日常生活の中で目をぶつけやすく角膜炎になりやすいので、飼い主は注意してみてあげて下さい。

愛犬の目やに、自宅でのケア方法

愛犬の目やにをそのまま放置すると、症状が悪化してしまう可能性があります。
異常な目やにの場合は、すぐに動物病院へ連れて行く事が必要ですが、正常な目やにや症状が軽く少し様子を見る場合など、自宅で出来る目やにケア方法を紹介します。

目やには折ったティッシュの角を目の縁に当てて、そっと拭き取りましょう。
この時、眼球に直接当たらないように注意して下さい。
正面から目やにを取ろうとすると、犬が警戒してしまうので、顎に手を当てて後ろからそっと拭き取るのがポイントです。

目やにが硬くてティッシュだけでは上手く拭き取れない場合は、ティッシュに水を含ませて目やにをふやかしてから拭き取りましょう。
無理やり取るのはNGです。

目やにはドッグフードで改善もできる?

目やには目の病気が原因なのに、ドッグフードで改善出来るの?
そう思う人も多いかもしれません。
しかし実は愛犬に与えているドッグフードが原因で、目やにが発生している可能性があります。

ドッグフードの中には、添加物や穀物などアレルギーの原因になる成分が含まれている可能性があります。
その場合は、ドッグフードを変える事で目やにの症状が改善されます。
そのため穀物が含まれないグレインフリーで、無添加なドッグフードを選ぶ事をオススメします。

犬の目やに まとめ

正常な目やにであれば、適切なケアをすれば問題ありません。
しかし犬の目やには、目の病気のサインの可能性があります。
そのため愛犬に異変を感じたら、すぐに動物病院へ連れていき適切な治療を受けるようにして下さい、

関連記事です☆