犬に牛乳はダメ

栄養満点で健康にいい牛乳を犬にも与えたいという気持ちは理解出来ます。しかし犬にとって牛乳は、下痢になってしまったり、栄養過多になってしまうなど、むしろ健康を脅かす存在になるリスクがあります。

そのため犬に牛乳を与えたいなら、犬用のミルクなど、犬でも安心して飲める商品をきちんと選んで与えるようにして下さい。

牛乳は健康にいい飲み物だから、愛犬にもいつも水ではなく、たまには牛乳を与えてあげよう。そんなふうに愛犬の健康にいいと思って、牛乳を与えた事がある飼い主もいるかもしれません。
ですが犬と人間とでは、消化器官が異なるので、人間の健康にいいモノが犬の健康にもいいとは限りません。

実際に人間が食べても平気な食べ物の中には、犬には絶対に与えてはいけない食べ物もあります。
では牛乳は犬に与えても大丈夫なのでしょうか?

犬に牛乳を飲ませるのはOK?それとも..?

まず結論から先に言うと、犬に牛乳を与えてはいけません
犬の身体は、牛乳に含まれている乳糖を分解する事が出来ないので、牛乳を飲むと下痢になってしまうリスクが大きいからです。

他にも犬に牛乳を与えるリスクはいろいろあるので、犬に牛乳を与えてはいけない理由を紹介します。

犬に牛乳がNGな理由について

犬に牛乳を与えてはいけない理由は3つあります。
1つ目は、先ほども少し言いましたが、犬には牛乳に含まれる乳糖を体内で分解する事が出来ません。
犬種の体質によって多少差がありますが、多くの犬は乳糖不耐性なので、分解出来ずに下痢になってしまいます。

2つ目は、人間にとっては牛乳は栄養満点な飲み物ですが、犬にとっては、栄養過多となってしまいます。
カルシウムは、骨を丈夫にするというメリットがありますが、犬の場合は体内でシュウ酸とカルシウムが結びついて結石が生じるリスクがあります。

そのため犬に牛乳を与えると尿結石という病気のリスクが高まってしまいます。
また牛乳そのもののカロリーが高いため、身体の小さな犬にとっては栄養過多となって、肥満の原因となってしまいます。

肥満になれば健康になるどころか、病気のリスクが高まるので犬に健康のために牛乳を与える事は逆効果だと言えます。

3つ目は、全ての犬に現れる訳ではありませんが、牛乳アレルギーの犬が存在しています。
下痢の症状もそうですし、湿疹や抜毛の症状が現れる事もあります。
基本的に乳製品でアレルギーが出る犬の場合は、高確率で牛乳アレルギーの可能性が高いので、牛乳を与えないようにして下さい。

犬が牛乳を飲んで体調を崩してしまった時の対処法

もし犬に牛乳を与えてはいけない事を知らずに、犬に牛乳を与えて犬が体調を崩してしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

まず犬の様子を見て下さい。
下痢になってしまった場合でも、1回の下痢で終われば、問題はありません。
ですが、何度も繰り返し下痢が続くようなら注意が必要です。

下痢を止めるために、24時間食事やおやつを与えずに断食し、胃の中を空っぽの状態にして下さい。
胃の中が空っぽの状態になれば、通常であれば下痢は止まるはずです。
ただし、断食しても下痢が止まらない場合は、一度動物病院で診てもらう事をオススメします。

他の乳製品も基本的に犬にはNGなの?

乳製品アレルギーがある犬の場合は、牛乳はもちろん、他の乳製品も与えてはいけません。
ですがアレルギーではない場合は、実は他の乳製品でヨーグルトやチーズを与えても下痢になる事はありません。

同じ乳製品なのになぜ?と不思議に思う人もいるでしょう。
実はヨーグルトやチーズにも牛乳は使用されていますが、加工する時点で乳糖が分解されます。
そのため、乳糖不耐性でもヨーグルトやチーズは、与えても大丈夫なのです。

ただし注意点としては、人間用のヨーグルトやチーズは、犬にとっては味が濃すぎるために、そのまま与えると健康を損なうリスクがあります。
そのため、犬に与える場合は、無糖・無脂肪の商品か、もしくは犬用のチーズが販売されているので、犬用を与えるようにして下さい。

もしも牛乳を飲ませるなら子犬のときから

もし犬に牛乳を与えたいと思うのであれば、子犬の時から与えるようにして下さい。
犬は子犬の方が成犬よりも乳糖を分解する酵素を体内に多く持っています。

成犬になるとどんどん酵素が減少してしまうので、子犬のうちから牛乳を与えておく方が下痢になりにくい体質になると言えるでしょう。

しかし子犬に与える場合も、栄養過多になる事を考慮して、水で牛乳を薄めたり、低脂肪の商品を選ぶようにして下さい。あと量も大量に与えずに、必ず少量づつ与えるようにしましょう。

他にも人間用の牛乳よりも犬用のミルクが販売されているので、犬の健康を考えるなら人間用よりも犬用を選ぶ事をオススメします。

おすすめ犬用ミルクをご紹介

人間用の牛乳を与えると下痢になってしまう犬でも、犬用のミルクなら飲む事が可能です。
それは犬用のミルクには、下痢の原因となってしまう乳糖が含まれていません。
脱脂粉乳から作られているミルクは、乳糖が最初から含まれていません。

また脱脂粉乳以外のミルクであっても、乳糖がすでに分解された状態で入っているので、犬が分解出来ずに下痢になる心配がありません。
そのため、犬に牛乳を与えたいという人は、犬用のミルクを与えると、栄養も摂取出来るので、健康的だと言えます。

ワンラック (ONE LAC) ドッグミルク 270gX1缶入

新品価格
¥1,373から
(2018/10/9 12:27時点)

犬と牛乳 まとめ

ドラマや漫画などで、捨て犬を広い、温めた牛乳を与えるシーンを見た事がある人もいるでしょう。
そのため犬に牛乳を与えても大丈夫だと間違った認識を持つ人も少なくありません。
しかし現実には、犬は人間とは異なる消化器官で、牛乳に含まれる乳糖を体内で分解する事が出来ません。

なので牛乳を与えてしまうと多くの犬が下痢になってしまいます。
また下痢にならない体質の犬でも、牛乳だと栄養過多過ぎて肥満の原因になったり、アレルギーの原因になる事があります。
そのため、犬には牛乳を与えるべきではないと言えます。

ただそれでも拘りがあり、犬に牛乳を与えたいという飼い主は、子犬のうちから少量づつ飲ませて牛乳に身体を慣れさせるか、もしくは犬用のミルクが販売されているので、犬用のミルクを与えるようにして下さい。
人間にとって健康にいい食品が必ずしも犬にとっても健康にいいとは限らないので、犬に人間用の食品を与える時には、与えても大丈夫な食品なのかどうか、調べるクセを付けるようにしましょう。

関連記事です☆