愛犬生まれ変わり

あなたは犬の輪廻転生を信じますか?
現実主義者や平常時であれば、輪廻転生なんてある訳がないと言い切ってしまうかもしれません。

ですが愛犬が死んでしまって、ペットロスに陥ってしまった時には、輪廻転生を信じてみたい気持ちになりますよね。
では実際に犬の輪廻転生はあるのでしょうか?
そしてもし輪廻転生があるとして、あなたが再び愛犬の生まれ変わりと出会える可能性はどれぐらいあるのでしょうか?

「愛犬の生まれ変わり」は本当にあるのか

犬は人の言葉を話せる訳ではないので、犬に直接輪廻転生が可能なのか尋ねる事は出来ません。
しかし人間に置き換えると、輪廻転生を経験したという不思議なエピソードは何件も報告されているのです。

本来輪廻転生した場合、前世の記憶がない状態で生まれてきます。
ですが稀に前世の記憶を持った状態で生まれてきたり、また大人になると前世の記憶は失われてしまうのに、子供の頃だけ前世の記憶が残っている人が存在しています。

現実主義者で輪廻転生を全く信じない人であれば、輪廻転生をした人のエピソードを聞いても、嘘や妄想の類だと思うかもしれません。
ですが子供が前世の話をする時に、まだ小さくて歴史なんて学んだ事もなく、海外に行った経験もないのに、まるで見てきたように話し始める事があります。
親が不思議に思い、その歴史を調べてみると、過去に海外で実際に起きた出来事なのです。

また話した風景が実際に存在する場所と一致するなんて事もあります。
嘘や妄想で、現実と偶然一致するなんて事は考えられませんよね。
そして人が輪廻転生をしているのであれば、犬が輪廻転生をしていても少しも不思議はないと思いませんか?

犬は何に生まれ変わるの?また出会える確率は?

輪廻転生を信じる人と信じない人が、話し合ったところで平行線です。
ここでは輪廻転生があると信じた上で、話を進めていきたいと思います。

人の場合は報告されている事例を見る限り、前世も人間で、現世も人間になるというケースが多いようです。
これは、人間に生まれ変わる事が最終的な目標とされていて、転生を繰り返し徳を積む事で人間に生まれ変わる事が出来るとされています。
仏教などの宗教でも輪廻転生の考えはあり、来世のために現世も正しく生きる事が説かれています。

では犬の場合も、前世は犬で、現世も犬に生まれ変わるのでしょうか?
実は犬の場合は、現世でも同じ犬として生まれ変わる確率は低いと言われています。
ただ、ペットとして飼われていた動物は来世でも、再び人間のそばにいる動物として生まれ変わる事が多く、ネコやウサギ、ハムスターなどに生まれ変わるようです。

また先ほど徳について話しましたが、犬が現世で徳を積み、来世では人間として生まれ変わる可能性もゼロではありません。
そして犬の方が人よりも輪廻転生のサイクルが早いので、死んでから比較的すぐに生まれ変わります。
そのためあなたは、自分の愛犬が輪廻転生で生まれ変わり、再び動物や人間の赤ちゃんとして生まれてきてくれた時に出会えるかもしれません。

愛犬が生まれ変わった?実際に起こった不思議なエピソード

ですがもし、自分の愛犬が死んだあと輪廻転生で生まれ変わったとして、生まれ変わった姿を見て愛犬だと気づく事が出来るのでしょうか?
実は生まれ変わった愛犬と再会できた飼い主は何人も存在しています。
そして彼らがどのような再会方法で、自分の愛犬だと気づく事が出来たのか、不思議なエピソードを紹介します。

ある男性は、愛犬が死んでしばらくした後に、同じ夢を何回も見たといいます。
夢の中で、愛犬は自分を探して欲しいと言うのです。

その言葉が心に残っていた飼い主は、保健所の譲渡会に参加し、一匹の犬と出会います。その犬は夢に出てきた犬にそっくりで、愛犬の生まれ変わりだと男性は直感したそうです。

犬は死後、どれくらいで生まれ変わるの?

人の魂は、死後49日間は現世にとどまるとされています。
また現世に心残りが出来ないと、未練が残り成仏出来ないという話も聞きますよね。
そのため、人間は輪廻転生に時間がかかる生き物です。

対して犬は、人間よりも輪廻転生にかかる期間が短いとされています。
ペットとして幸せな生活を送っていれば尚更です。
現世に未練がなく、成仏出来てすぐに輪廻転生をして生まれ変わってくれるでしょう。

愛犬家としては「愛犬の生まれ変わり」は信じたいもの

輪廻転生には、科学的根拠は何もありません。
ですが、これだけ科学が発展した世の中でも、科学では説明できないような不思議は事はたくさんあります。
そして科学で説明できないからといって、ないと言い切る事は誰にも出来ません。

そもそも死んでしまったら、命が消滅してしまうと考えるよりも、命は輪廻転生し再び生まれ変わると信じたいですよね。
特に自分が愛した相手の命であれば、尚更です。
自分の愛犬として、数十年一緒に過ごし、楽しい思い出や幸せな気持ちを共有してきた大切な家族が死んでしまった。

これほど悲しい事はありませんし、悲しみから立ち直るのには時間がかかってしまうでしょう。
愛犬に会いたいと思っても死んでしまったらもう二度と会う事が出来ません。

ですが輪廻転生を繰り返し、愛犬が再び自分の前に現れてくれたらどうでしょうか?
そしてまた一緒の時間を過ごす事が出来る訳です。
これほど幸せな事はないと思いませんか?

輪廻転生を信じていて、死んでも再び愛犬と再会する日がくる事を心の支えにしている人もいるかもしれません。
また愛犬が死んだ後に、愛犬によく似た子犬と出会い、愛犬の生まれ変わりだと信じて、ペットとして飼い始める人もいるでしょう。
どちらにしても、それは決して悪い事ではないはずです。

輪廻転生を信じる事で、幸せになる事が出来るのであれば、信じる者は救われるという言葉こそが真理なのだと思います。

関連記事です☆