雑種

犬を飼い始める際にどんな犬種があるのかを調べていたら、ミックス犬という言葉を聞くことがあるかもしれません。ミックス犬は純血種の犬とはまた違った魅力があり、多くの人に好まれているようで、ペットショップなどでも売られています。
しかし、ミックス犬とは何なのか、雑種犬とは何が違うのか、ご存知でしょうか。ここでは、ミックス犬について簡単にご紹介します。

ミックス犬って何?

そもそもミックス犬とは何なのでしょうか。純血種であるプードルやチワワとは違うと言われると、雑種犬のことなのかなと思ってしまいますよね。
たしかに、ミックス犬と雑種犬の間には明確な違いはないとも言われています。
しかし、ペットショップで売られているようなミックス犬は雑種犬とは分けて考えられているようです。

雑種犬は基本的に人間が意図しないかたちで生まれた犬です。2種類以上の犬種の血が混ざっており、野良犬や外飼いの犬が繁殖して生まれた子犬のことをいいます。
一方、ミックス犬はそうではなく、人間が意図的に純血種同士の交配をして生まれた1代目の子犬のことをいいます。「F1」「デザイン犬」「ハイブリット犬」などの呼び方もあります。

ミックス犬の長所

ミックス犬は掛け合わせた父母の犬種の良いところを受け継ぎます。
2種類の血を受け継いで生まれてくる子犬は、雑種強勢という作用によって親の能力を上回り、生命力が強く体が丈夫、病気にもなりにくくて長生きの傾向が強いといわれているのです。

性格や気質も両親のものを受け継ぐので、掛け合わせた犬種のどちらに似るのかはわかりません。
また、犬種特有の勇敢さゆえの無駄吠えなども、純血種の犬に比べてミックス犬ならば少なくなることもあり、犬種ごとのデメリットが弱まるという期待もされているようです。

ミックス犬は同じ父母から同じタイミングで生まれた兄弟姉妹であっても、それぞれの血の受け継ぎ方が異なるため、容姿も異なります。純血種のように、皆に多様な体格、毛色、毛質、顔ではないため、生まれた頃から強い個性があらわれます。
成長するまで父母のどちらがより強く出ているのかも分からず、兄弟姉妹とも全く似つかないこともあるため、世界に1頭のビジュアルともいわれ、そこが人々の心をとりこにしているようです。

また、純血種の子犬よりも価格が低いというメリットもあります。ただし、珍しい掛け合わせであったり、両親がチャンピオンドッグなど血統のいい子犬であると、価格が高くなる場合もあります。
ミックス犬は、2016年の犬人気ランキングでは3位に入るなど人気も高まってきているようです。

ミックス犬の注意点

雑種強勢という作用のとおり、ミックス犬は体が丈夫になりやすいというメリットがあるとお伝えしましたが、犬種によっては掛け合わせの悪いパターンもあるので注意が必要です。
たとえば、心臓が弱い犬種同士、短命である犬種同士、目の疾患が出やすい犬種同士など、犬種特有の疾患が同じである場合、遺伝子疾患や欠点が出やすいという恐れがあります。

ミックス犬の狙いは犬種ごとの長所をお互いに受け継ぐことなのですが、組み合わせが悪いと短所や欠点ばかりを受け継いだ子犬が産まれてしまい、こんなはずではなかったという事態も起こり得ます
生まれてくる子犬も可哀想ですので、素人がもしもミックス犬を繁殖させる場合は、その掛け合わせが最適なものであるのかをよく調べてから行ってください。

注目のミックス犬!

ただでさえ丈夫であると言われるミックス犬ですが、柴犬や秋田犬なんかで知られる日本犬は、もともと病気にも強いそうです。そのため、和犬同士のミックス犬は日本の環境への適応力も強く、体が強いといういい特徴があるようですよ。興味がある方はぜひとも、和犬のミックス犬なども探してみてください。

関連記事です☆