動物看護士

動物看護師という仕事をご存知でしょうか。動物病院にて動物の診療や治療のサポートを行うのが動物看護師です。病気の診断は獣医師が行いますが、入院している動物たちの世話は主に動物看護師が行います。
では、具体的にどのような職業なのでしょうか。ここでは動物看護師という仕事について紹介します。

動物看護師はとても重要な存在

動物看護師はその名の通り動物のための看護師のことですが、人間のための看護師とは違い、国家資格などはありません。しかし、動物病院で看護師が担う業務は多岐にわたり、とても重要なものばかりです。

たとえば、診察にかかわるものとして、動物の保定、器具の準備・片付けや消毒、入院動物のケアや健康管理、体温や脈などの測定や血液や尿などの検査、手術の際の助手、カルテの管理などがあげられます。
また、病院内の薬の管理や製薬会社への注文、獣医師が処方、調合した薬を確認し、飼い主に説明して渡すといった薬剤に関する仕事や、受付窓口の対応、会計業務、電話やメールの問い合わせ対応といった事務に関する仕事もあります。
その他にも、病院内の清掃やタオルや滅菌布の選択や管理、リラックスできる院内の環境づくりなど、さまざまな業務があがります。

このように、動物看護師の仕事は獣医師が担当する以外全てです。
最近では、動物看護師の存在によって動物病院が機能しているともいえるほど、その役割は重要なものになっています。

資格はあった方がいい

動物看護師は民間資格であり、無資格だとしても看護師として働くことは出来ます。
しかし、業務からも分かるように、動物看護師の仕事には高い技術と専門的な知識が求められるので、実際に就職するとなるときちんと学校で動物看護学といった専門知識を学び、動物看護師の認定資格を取得した人が有利です。

とくに、最近は動物看護師の資格の重要性が注目されていますので、将来的にその地位も上がるかもしれません。動物看護師として働きたいのであれば、資格取得は前向きに考えておくべきでしょう。

認定動物看護師の資格試験を受けるには、動物看護学を履修していることが求められています。そのためには、専門学校や大学などに通学するか通信講座を受ける必要があります。
時間やお金が心配な人は通信講座を受けて目指すのもいいかもしれません。

大好きな動物たちの為に働くこと

動物看護師は、専門知識も身に付き、飼い主の信頼にこたえることができ、動物と日々接することで優しい気持ちにもなれて、命の尊さを身近に感じることができるやりがいのある仕事です。動物が好きで、困っている動物たちの力になりたいという人にはとてもぴったりな職業でしょう。

関連記事です☆