日本人が白い犬が好きな理由

白い犬と聞いて、あなたはどの犬をイメージしますか?
忠犬ハチ公と答える人やソフトバンクのCMのお父さんと答える人も多いかもしれません。
アニメでももののけ姫に登場する山犬も大きな白い犬ですし、他にも白い犬の例を挙げればキリがありません。

つまりそれぐらい日本人がみんな白い犬が好きだと言えます。
ではなぜ日本人は、白い犬が好きなのでしょうか?

日本人は白い犬を好む国民性?なぜ?

最近はペットブームの影響で、様々な犬種がペットショップに売られています。
ですがもともと日本で生まれた日本犬は、6種類しか存在しません。
忠犬ハチ公は秋田犬ですし、紀州犬は大半が白犬です。
あと、日本犬で1番有名な犬は柴犬ですが、柴犬の毛は赤色や黒色もいますが、白色の柴犬も人気があります。

日本犬自体が、そもそも白い犬というイメージを強固にしたのではないでしょうか?
加えて戦後のペットブームの火付け役になったスピッツも白犬でした。

では白犬で人気の犬種とその特徴をいくつか紹介します。
「サモエド」は、サモエドスマイルという言葉があり、まるで笑っているような表情の犬です。
性格はとても温厚で、誰とでも良好な関係を築く事が出来るので、初めてペットを飼うという人にもお勧めの犬種です。

「ウェスト・ハイランド・ホワイトテリア」は、白い毛が長く、まるでぬいぐるみのような愛らしい容姿をしています。
小型犬で人懐っこく好奇心旺盛な性格をしています。少し我儘ですが、我儘すらも可愛いと飼い主を骨抜きにしてしまうでしょう。

「クバーズ」は非常に大型犬なので、日本の住宅環境で飼う事は難しいかもしれません。
ですが飼い主を守ろうとする気持ちが強く、とても賢く忠犬にふさわしい犬種だと言えます。

「マルチーズ」は、小型犬で愛らしい容姿をしていますが、実は野性的で活発な一面もあります。
運動能力が高いので、運動不足にならないようにしっかり散歩につれていく必要があります。
性格は上品で賢く、飼い主に深い愛情を示してくれます。

白い犬と一言でいっても、犬種によって特徴は大きく異なります。
ですが日本人は昔も今も白い犬が好きで、日本人が白い犬が好きなのは、国民性といっても過言ではないでしょう。

歴史的な影響

日本人が白い犬が好きなのは、最近の傾向という訳ではありません。
歴史ははるか昔にさかのぼり日本書紀の中で、ヤマトタケルは白い犬に助けられます。

他にも応神天皇は、白い犬を飼っていてとても可愛がっていた事が風土記に記されています。
歴史の紐を解いていくと、多くの歴史上の人物が白い犬と深く関わるエピソードが記されています。

そして書物の中には、白い犬には不思議な力を持つとされていました。
江戸時代には白い犬が神聖な生き物であり、さらに遠くからでも見えやすいため白い犬を鷹狩り用の犬としていました。

白という色は穢れがない清廉潔白な色であるため、白犬は他の犬よりも特別視されてきたのでしょう。
このように長い歴史の中で、ずっと白い犬は日本人の愛されてきたために、日本人のDANに白い犬が好きだと刻みこまれているのかもしれませんね。

メディアやアニメなどの影響

では次は、メディアやアニメで活躍する人気の白い犬を紹介していきます。
まず国民的アニメの「クレヨンしんちゃん」が飼っているペットの「シロ」は白い犬です。
同じく国民的アニメの「アンパンマン」の中で、パン工場で飼っている犬「チーズ」も白い犬ですよね。

スヌーピーは、日本発祥ではありませんが、日本でも大人気のキャラクターです。
おそらく世界で1番有名な白い犬と言えば、スヌーピーだと言えるでしょう。
そしてソフトバンクの白い犬、お父さんのキャラクターも長年多くの人から愛されているキャラクターです。

まとめ

日本人に「なぜ白い犬が好きなのか?」と質問をしても、「なんとなく」「可愛いから」など明確な答えは得られないかもしれません。
ですが白い犬が好きという事に、理由は特に必要ありません。
それぐらいDNAレベルで、日本人に白い犬は昔も今も愛され続けています。

歴史的な書物を見ても、白い犬が様々なシーンで登場し、活躍しています。きっと登場回数は動物の中で1番多いのではないでしょうか?
そしてペットブームの中でも、やはり白い犬を飼いたいと思う人は多く、白い犬は人気があります。
メディアやアニメを見ても、白い犬で有名なキャラクターは多く、きっと昔から日本人に白い犬が愛されてきたように、これからもずっと白い犬は愛され続けていくのでしょう。

日本人の国民性で白い犬が好きと言われると、これからは白い犬を見る目が少し変わってきそうですよね。

関連記事です☆